ループイフダンのランキング

過去3ヶ月間のループイフダンランキングトップ5

  1. ループイフダンS20 通貨ペアGBP/JPY 最大ポジション数80 決済損益pips7,280 最低必要資金1,085,600
  2. ループイフダンS20 通貨ペアGBP/JPY 最大ポジション数100 決済損益pips7,040 最低必要資金1,557,000
  3. ループイフダンS20 通貨ペアGBP/JPY 最大ポジション数90 決済損益pips7,040 最低必要資金1,311,300
  4. ループイフダンS20 通貨ペアGBP/JPY 最大ポジション数70 決済損益pips6,900 最低必要資金879,900
  5. ループイフダンS20 通貨ペアGBP/JPY 最大ポジション数60 決済損益pips6,869.9 最低必要資金694,200

ループイフダンランキングは参考までに

ループイフダンのランキングはあくまでシミュレーション環境においてループイフダンを運用した結果になります。
そのためランキング通りに運用したからといって必ずしも利益が発生するわけではありません。
また、口座状況によってロスカット等による強制決済でループイフダンの運用が停止する場合もあります。
ループイフダンのランキングを参考にしつつ、自分なりのやり方で運用することをおすすめします。

ループイフダンランキングを参考にする時の注意点3つ

1つ目は“理解していない運用の仕方“です。
ランキングを見て参考にし、同じやり方で運用して必ず利益が出るのであれば誰でも利益欲しさにランキングと全く同じやり方で運用するでしょう。
ですが上位ランキングのやり方を真似したからといって利益は出ず、結局は自分自身の知識の有無なのです。
例えばループイフダンのランキング上位を参考にする場合、全ての言葉や操作方法などを理解している人は「ここが○○ならここは○○の方が良いかもしれない」「ここが○○ならもう少し賭けた方が良いかも!」などという判断をすることができます。
ですが、言葉や操作方法などを理解していない人がループイフダンのランキング上位を参考にすると、知識がないことで全く同じ運用方法しかできず利益どころか多額の損失を招くことがあります。

2つ目は“決済のタイミングが分からない“です。
1つ目の理解していない運用の仕方とこれは似ていて、ループイフダンの知識がないことで決済のタイミングが分からず「ランキングだとまだ決済しない方が良いな」「ランキングには○○って書いてあるけれど怖いからもう決済しちゃおう!」などという判断をしてしまう人が居ます。
ループイフダンのランキングはあくまで参考までなので、全く同じような金額で決済することは非常に難しいです。
かといって早めに決済してしまうことで利益もそれほどなければ、微少でも損失が出てしまうなんてこともあります。
ループイフダンのランキングを参考にしすぎることで多額の損失が出ることもあるので、運用の知識はもちろん、決済のタイミングなどを含めループイフダンの知識は必須と言えます。

3つ目は“ランキングを頼りにしすぎる“です。
ループイフダンの上位ランキングを参考にすることは決して悪いことではありませんが、ランキングはあくまで過去のものです。
そのため運用する上で参考にするのは特に問題はありませんが、全く同じやり方で運用をしてしまうと多額の損失が出てしまうこともあります。

意味を理解した上でランキングを参考に

ループイフダンを運営する上で、最低限この2つを理解しておくと少しでも流れを掴むことができます。
1つ目は“値幅が広い方が有利“ということです。
例えば一気に80銭以上の値引きと、80銭以上の狭いレンジで繰り返した場合一気に値引きを狙う値幅が広い方が勝ちになることが非常に多いです。
もっと簡単に説明をすると値幅が広い方が利益が出やすいということです。
そして2つ目は“値幅が広いと手数料などのコストが少なくなる“です。
例えば豪ドル円でB20×1枚がB80×4枚と同じ決済損益になったとしても取引回数は圧倒的にB20の方が多くなります。
そうなるとその分B20の手数料も多くなってしまいます。
もっと簡単に説明をすると、値幅が広い方が取引回数も少なく手数料などのコストが少なくて済むということです。
この2つの意味を理解した上でループイフダンのランキングを参考にして運用すると損失または手数料などを抑えることができます。

ループイフダンのランキングを参考にした後の流れと各ポイント

  1. 値幅を選ぶ:
    ループイフダンの初期戦略は大きく分けて3つのポイントがあります。
    1つ目は買い戦略にするのか、売り戦略にするのかを決めます。
    2つ目はそれぞれの通貨ごとにいくら取れたら決済をするのかという指示を出すことです。
    3つ目はループイフダンを初めて運用する人はドル円の25銭もしくは50銭がおすすめです。
  2. 数量を決める:
    ループイフダンを初めて運用する人などは練習を兼ねてまず1000通貨から始めると良いです。
    慣れてきたら徐々に取引枚数を増やしていくと失敗しにくくなります。
    始めから多くの取引枚数にしてしまうと損失が出やすくなってしまいます。
  3. 買いか?売りか?:
    はじめに日足チャートを確認して売買方針を決める必要があります。
    ちなみにトレンド方向に売買の指示を出せば利益が出やすい状況を作ることができるため、移動平均線の方向を注目すると良いです。
    トレンドを確認するためにはトレンドフォローのテクニカル分析を学ぶことをオススメします。

ループイフダンでの失敗で大損する理由を知っておこう

  1. ループイフダンの仕組みなどを理解していないのに運用を開始・運用を行っている:
    ループイフダンは非常に簡単に開始することができますが、開始する前の準備が不十分の場合、準備不足で失敗してしまいます。
  2. 1つの通貨ペア・システムに集中投資している:
    分散投資をして投資対象を複数にすることでリスクを軽減することができます。
    集中投資は分散投資に比べて利益が出た時の効果は非常に大きくはあるのですが、その分リスクも大きいということです。
  3. 想定レンジを決めていない・狭いのに損切りしない:
    想定レンジとは、相場がどの範囲で動くのかを考えたものです。
    なので、想定レンジを決めないと必要な資金も決められません。
  4. ループイフダンランキングの上位から適当に選んでしまう
  5. 安易に両建てしてしまう
  6. レンジ相場になっていない通貨を選んでしまう
  7. 狭い値幅の売買システムを選んでしまう:
    ④~⑦では、売買システムの選択が今後の利益に大きく関わってきます。
    そのためこうした売買システムの選択が悪いと損失のリスクが非常に大きくなります。
  8. 最悪の事態を想定しない
  9. 必要な資金を知らない
  10. 想定している通貨量が多すぎる
  11. ポジションを不用意に増やしてレバレッジを上げてしまう:
    ⑧~⑪では、しっかり行わないと大損してしまいます。
    なので、想定レンジを元に最悪の事態を想定しておく必要があります。
    必要な資金を事前に計算して出しておくことをオススメします。
  12. 資金豊富なのに最大ポジション数が少ないことでロスカットされる
  13. 想定レンジの上限や下限で設定を見直さない:
    ⑫と⑬では、ループイフダンの特有の落とし穴となります。
    最大ポジション数によるロスカットと追尾機能による想定レンジの変動を知っておくと回避が可能になります。

ループイフダン・ラボとは-Author information-

ループイフダン・ラボ
ループイフダン情報専門メディア、ループイフダン・ラボ。
ループイフダンに関する有益な情報のご提供に努めて参ります。

メディア掲載歴(一部。順不同)
・NewsPicks
・ビズハック!
・@nifty ビジネス
・BIGLOBEニュース
・Business Times
・excite.ニュース
・Infoseekニュース
・Mapionニュース
・NEWSCAST
・RBBTODAY
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・朝日新聞デジタル&M
・財経新聞