ひまわり証券のループイフダンと日経225について

ひまわり証券のループイフダンと日経225

ひまわり証券はループイフダンの仕組みを使って日経225の証拠金取引を始めました。そもそも為替取引のFXに使われる自動売買のループイフダンをどのようにして日経225に応用するのでしょうか。そんな疑問に対して今回、手掛けているひまわり証券の概要と日経225の商品の内容をお話しし、ループイフダンとの親和性について触れつつ、そのメリットやデメリットを紹介しながらひまわり証券が行う日経225のループイフダンについてお話していきます。これを読めばひまわり証券のループイフダンと日経225はどういったものか理解できるのではないでしょうか。
最初にひまわり証券でどのようなサービスが開始されたかについて大まかにお話ししていきます。ひまわり証券はループ株365という名称の自動売買サービスを開始しました。これはループイフダンの株価CFDバージョンという位置づけです。
そもそもCFD(Contract for Difference)とは差金決済取引という取引のことです。通常売買をするときに全額支払って購入するのですが、そういったことを行わず買った、あるいは売ったと仮定して売買を繰り返し、すべての取引が終了した時にその差額を支払ったり、受け取ったりするという取引です。実際の取引中にお金を支払ったり、受け取ったりする必要がないため、差額の範囲内であればレバレッジをかけて実際の手持ち金額よりも多い金額の売買を行うことができる取引です。代表的なものがFXなのですが、今回のループ株365は株価を使ってCFDを自動売買しようというサービスなのです。

ループイフダンのひまわり証券とは?日経225とは?

そもそもひまわり証券とはどのような証券会社なのでしょうか。ひまわり証券はインターネット専業証券会社で証券会社という名前がついていますが、基本的にCFD取引を中心としたネットでの業務を行っています。店舗を持たないため柔軟にサービスの展開ができることから、ループイフダンなどの自動売買や今回の株価に連動したCFD取引などと言った大手の証券会社が行わないようなサービスにも果敢に挑戦している企業です。親会社はISホールディングスです。詳しい方であればピンとくるかもしれませんが、FXを取り扱う企業をいくつも抱えている金融グループです。同じく自動売買のアイネット証券やFX業務で共通している外為オンライン、ライブスター証券と言った同業の企業を傘下に収めているという特徴があります。グループ内での特徴を出すという意味でも株価を利用したCFDサービスを開始したという見方もできます。
今回紹介する日経225という商品についてもお話しします。日経225とはデリバティブ取引の一種です。デリバティブ取引とはもともとある相場を応用した商品の取引のことです。野菜に例えるとトマトの値段の相場、キュウリの値段の相場というのがもともとある相場、デリバティブ取引はトマトやキュウリを含めた野菜全体の平均価格の相場の取引という関係です。つまり、日経225とは東証の一部上場企業それぞれの相場ではなく、日経225に含まれる企業全体の平均価格の相場ということになります。
このことからひまわり証券は自動売買のループイフダンを使って日経225の対象企業の平均株価の相場による差益を狙う商品を発売したということになります。

ひまわり証券のループイフダンは日経225以外にも対応!

デリバティブ取引はなにも日経225だけではありません。当然ひまわり証券のループイフダンであるループ株365はそれ以外の取引も対応しています。それはNYダウ、DAX、FTSE100です。
NYダウはご存知の方も多いかもしれませんが、「ダウ平均」や「ダウ工業株30種」とも言われているアメリカの平均株価です。それをデリバティブ取引にした商品です。この相場の数値はS&P Dow Jones Indicesによって米国を代表する優良30銘柄の価値を指数化したものです。
DAXはドイツの平均株価のような指数です。ドイツ取引所が運営するフランクフルト証券取引所のドイツ企業の優良30銘柄の株価指数です。浮動株調整時価総額加重型という算出方法を用いています。
FTSE100はイギリスのロンドン証券取引所の株価指数で上場する時価総額上位100銘柄によって算出されます。
このように世界的に規模の大きいアメリカ、ドイツ、イギリスの株価を基にしたデリバティブ取引にも対応しています。しかもいずれの指数に対しても証拠金の範囲内、規定範囲内でレバレッジをかけたループイフダンを利用することができます。
世界には香港やBRICS諸国などに数多くの証券取引所がありますが、取引金額や相場の安定性などを考慮すると比較的安定して安全に収益を期待できるのがこれらの証券取引所の株価指数を用いたCFDです。なので、ループ株365はそこまでハイリスクな商品ではないと言えます。

ひまわり証券のループイフダンと日経225の組み合わせのメリットデメリット

ひまわり証券のループイフダンと日経225の組み合わせのメリットデメリットも紹介します。メリットは世界中で取引が行われているため夜間や祝日など土日や元日を除いて、日経225をほぼ24時間取引できます。そのためFXと非常に似た時間帯の取引が可能となっているため自動売買との親和性も良くFX感覚で日経225の売買を行うことができます。また、FX同様売りから入る取引も可能なため、株価が下落している場面でも利益が狙える可能性もあり、上級者も納得の取引に対応しているというメリットもあります。もちろんFXと同じく買ってからずっと保有し続けることもできますから自動売買のレンジから外れてしまっても含み損さえ気にしなければ保有できます。このようにFXに似た場面も多く、しかもレバレッジもかけられるので自動売買の設定に成功すれば自動でどんどん収益を上げることが期待できるという大きなメリットがあります。
ただ、デメリットもあります。レバレッジが効く分損失も大きいため時に証拠金を超える含み損を出すリスクがあります。各国の経済摩擦や紛争といった日本以外の国の悪影響も受けやすいのが日経平均です。国内相手に事業を行っている企業の株価だけでなく、海外での収益が日本の収益をはるかに超える海外依存の企業の株価も多く含まれています。そんなデリバティブ取引なので海外の深夜のニュースで一気に下がる可能性もあるのです。もちろん設定で暴落にも対応できるようにできますが、あまりにハイリスクハイリターンの設定だとかなりの痛手を負うというリスクもあります。
このようにFX感覚でできる気軽さやレバレッジによる利益というメリットがある反面、下落した時の痛手を負うというリスクもあります。

ひまわり証券のループイフダンと日経225で収益を上げよう!

ひまわり証券のループイフダンと日経225で収益を上げるのは一社一社の株を購入して目くじらを立てて運用するよりもずっと気軽です。しかもレンジを広めにとっておけば深夜や早朝、仕事中でもコツコツと収益を上げてくれます。もしFXのループイフダンに飽きてきた方や違った形のデリバティブ取引に挑戦したいと考える方は一度検討してみてはいかがでしょうか。おそらく敷居が高いと思われがちなデリバティブ取引が一気に気軽な印象となります。

ループイフダン・ラボとは-Author information-

ループイフダン・ラボ
ループイフダン情報専門メディア、ループイフダン・ラボ。
ループイフダンに関する有益な情報のご提供に努めて参ります。

メディア掲載歴(一部。順不同)
・NewsPicks
・ビズハック!
・@nifty ビジネス
・BIGLOBEニュース
・Business Times
・excite.ニュース
・Infoseekニュース
・Mapionニュース
・NEWSCAST
・RBBTODAY
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・朝日新聞デジタル&M
・財経新聞