ループイフダンとは

ループイフダンとは何か

ループイフダンは、FXのシステムトレードの仕組みでリピート系の発注機能に分類されています。
通常のFXは、安いところで買って高いところで売ることで利益を上げるのが一般的です。しかし相場は小さな上下に働く値動きがたくさんあります。
小さな値動きがたくさんあるのを活用し、設定された値幅で自動で売買することによって、取引回数を増やしコツコツと利益を上げていき、通常のFXより利益を狙うことができるのがループイフダンです。
また、ループイフダンの場合は値動きに沿って自動で取引をするために、効率的な利益獲得を望め取引通貨ペアや相場の状況で変わってはくるものの、大きな利益を期待できます。
そしてループイフダンは、初心者でも簡単に設定することができるのも特徴の一つで、あらかじめ用意されている設定があるのでそれを選ぶだけで始められます。選びやすいのは、通貨ペアのボラティリティに合わせて最適な値幅を選ぶだけです。それに目安料金表などを参考にすれば資金運用に合った値幅を確認できるので選びやすいともいえます。

ループイフダンのメリット

ループイフダンは、事前に仕掛けレンジの想定をする必要があるものとは違って為替レートを自動でレンジをずらしてくれるメリットがあります。
そのために、ループイフダンの注文画面もシンプルになってきます。
とは言うものの、「通貨ペア」、「売り買い」、「値幅」、「損切り設定」などは決めることは必要になりますが、もし迷ったとしてもループイフダンランキングが公開されているので、どんな設定が利益になるのかループイフダンランキングを参考にできる利点もあります。
また、メリットとしては、自動で買いと売りを繰り返すので、相場の7、8割と言われているレンジ相場が得意で、レンジ相場が続く間は利益を積み重ねてくれます。
そしてループイフダンは、想定したレンジ幅のから外れたら利益を上げられなくなることはなく、レンジ幅設定がないので自動で為替レートに追尾して動いてくれるのも特徴です。例えば、為替レートが上昇していけば、注文するレートも自動で上昇していき、為替レートに追尾していく動きになります。
また、ループイフダンは1000通貨から取引できるので、低額でも取引きを始められるのもメリットの一つです。また、ループイフダンは用意されている設定から選ぶだけで運用を始められることに加え、複数の設定を同時に動かせるのもメリットです。
複数の通貨ペアで分散させ運用をしたり、同じ通貨ペアで買いと売りを同時に稼働させたりして、両建てさせるといったこともできるようです。

ループイフダンの実績

ループイフダンを提供しているアイネット証券によると、2018年の上半期は80パーセントの顧客の決済損益がプラスとなり、資産が増えたようです。
そして、口座の数が増えているだけではなく一人あたりの平均預り額も増加していて、たくさんの人がループイフダンに資金を投入しているのです。
また、ループイフダンの一年間の実績としては利回りが33パーセント以上を達成した設定をありました。しかも、米ドル円相場では不規則な変動があったようなのですが、利益は安定して積み重ねることができたのです。
また、ループイフダンの実績としては、ループイフダンのランキングを一年間で利用している割合が高い順に見てみると、米ドル円の買いを利用している人が多く利益を上げているようです。
また、ランキング上位は必要証拠金も大きく、どれも設定が値幅が狭めで利益額は期待できたそうです。
アイネット証券の公表されているループイフダンの目安資金表がしっかりあるので、少額からの運用にも対応できています。
仮に、一年間で10円程度の値動きがあると考えると値幅を50銭にすれば20万円程度から、100銭にすれば10万円ちょっとから運用できるという想定も目安表から導き出すことができそうです。

ループイフダンの手数料と取引コストの比較について

ループイフダンでは、取引手数料は無料となっています。
一般的なFXと比較するとスプレッドは広めといえますが、同じリピート系の自動売買のトラリピと比較してみると、全般的にはループイフダンのスプレッドは狭く、より低いコストで取引することができます。仮に、米ドル円で差が2銭だった場合でも、自動売買では取引回数が多くなりがちなので、スプレッドはより狭いほうが確保できるのです。
また、FXの自動売買では、比較的短期間での売買を繰り返すのが特徴ですが、相場の状況次第ではなかなか決済されずに、ある程度の期間保有し続けるポジションに存在することがあります。
特に、低金利の円を売るような通貨ペアの場合ではスワップポイントがもらえるのですが、自動売買でもスワップポイントが高いほうが利益が積み上がってくれます。
ほとんどの通貨ペアでトラリピよりもループイフダンのほうがスワップポイントが高く、決済されないようなポジションにあっても、ループイフダンのほうがスワップポイントでの利益も期待が高いようです。
また、リピート系自動売買で損切りすることは良い意見も悪い意見も両方あるのですが、ループイフダンでは損切りありと損切りなしの設定を選ぶことができます。
そして想定した動きと違った動きの場合でも、レンジ相場を追尾してほしい場合には、損切り設定ありの設定を選ぶことでレンジ相場は追尾していってくれます。
また、リピート系自動売買のやり方としてある程度値幅や最大ポジション数を大きか設定し損切り設定成しにすれば、損切りがされないように運用させることができます。
また、損切りの他にはマイセーフティ機能というのがあるのも特徴で、保有ポジションの損失合計が設定金額に達成するとすべてのポジションを決済し、ループイフダンを停止してくれます。

ループイフダンの評価とまとめ

ループイフダンとは、リピート系の発注機能に分類されるFXのシステムトレードの仕組みで、24時間ほったらかしておいても、自動で売買してくれ、感情に長されずトレード利益を積み重ねてくれるようです。
また、リピート系自動売買のループイフダンは簡単な設定で始められ、低コストでスワップポイントも高いことからメリットが多いようです。
そして上下の小刻みな動きを狙い、着実に利益を積み上げることができるのが特徴です。
それに加えて、相場の特性を最大限に生かしたトレードの手法をしていくれています。
初心者にとっては、難しい設定をしなくても良いというのも魅力の一つです。
予想とは逆に相場が動いていたとしても、利益獲得のチャンスがあり、一番大きい損失のポジションを損切りすることにより新しいポジションを保有してくれるのも特性だといえます。
そして、ループイフダンはもし元値に戻らないことがあっても利益を追求できる強みがあるので、慌てることなく見守れるというメリットがあります。
取引したい通貨ペアを選び、長期の展望を予想して売りか買いかを決めたり、コツコツ積み上げる値幅を決めるだけで、複雑さがないです。
一度スタートすればあとは、自動で注文を繰り返してくれるので難しそうでもないです。
また、初心者にとって強みなのが実績を参考に選べるというところが強みになってきます。
そして自分の設定で、更なる利益が期待できるのがループイフダンの良いところです。

ループイフダン・ラボとは-Author information-

ループイフダン・ラボ
ループイフダン情報専門メディア、ループイフダン・ラボ。
ループイフダンに関する有益な情報のご提供に努めて参ります。

メディア掲載歴(一部。順不同)
・NewsPicks
・ビズハック!
・@nifty ビジネス
・BIGLOBEニュース
・Business Times
・excite.ニュース
・Infoseekニュース
・Mapionニュース
・NEWSCAST
・RBBTODAY
・SANSPO.COM
・Trend Times
・zakzak
・とれまがニュース
・朝日新聞デジタル&M
・財経新聞